20180707213915

Kyoto Animation: What makes their animation so incredibly consistent?

 1, 海外の反応

京アニは疑いもなくアニメ業界で他とは違う、特別な存在であると思う。 まさにアニメ製作会社としての理想像だ。 あの安定した作画があるのにもかかわらず、予算は別に他と比べても多いってわけではないんだよな。 スケジュール管理が徹底されているからこそ、あの作画ができるんだろう。

2, 海外の反応

↑スケジュール管理に関しては、他の会社ももっと注力すべきだろうね。 管理されているかどうかでかなり作画クオリティの違いが出ると思う。

3, 海外の反応

↑京アニは外部に委託していないからな。 だからこそスケジュール管理ができるんだろうね。

4, 海外の反応

↑「ワンパンマン」の2期がこんなに遅れているのも外部のアニメーターに委託していることが問題だろうな。

5, 海外の反応

京アニの作画が他とは違うところは、カットが極端に少ないところだな。 静止画をできるだけ省いているから滑らかに見えるんだ。

6, 海外の反応

80年代は劇場版やOVAアニメでは今の京アニのように作画に力を入れていたんだ。 でも、90年代に経済が停滞して、その余裕がなくなってきた。
同時に、テレビアニメも流行ってきたしな。
だから、1話にかける予算も減らすためにカットが多くなってきたんだ。
でも、その中で「 AKIRA」や「火垂るの墓」の製作に携わった木上 益治監督はアニメーションにこだわり続けた。彼は京アニの取締役だね。 京アニに入ってきた新人にも、彼自身がメンターとなって教え続けてきたんだよ。
優秀なアニメーターは絵コンテを見ればそれがわかる。 アニメーターとしての経験がない人よりも、ずっといい絵コンテを描くからな。 彼がなるべく詳細に描くように指導していたみたいだ。 これを見れば一目瞭然だ。
20180504093649
20180504093653
20180504093659

最後の絵コンテは上2つと明らかに違うだろ? 最後のは京アニの石原立也さんが描いたもので、彼は他の京アニのアニメーターたちとは別ルートで入ってきて今の地位にいる。

7, 海外の反応

↑石原さんは今の京アニの制度ができる前に入社したんだろうな。
8, 海外の反応 ↑彼は京アニの設立当初からずっといるみたいだな。 それこそ、まだ京アニが他の会社の外注先として機能していた時からね。

9, 海外の反応

↑うーん、絵コンテを比較する理由がちょっと疑問だな... つまり、絵コンテが粗い人はもれなく絵コンテ職人としてダメだってことか? 雑だからこそ、解釈の余地が多く残されていると思うんだけどな

10, 海外の反応

↑そういう意味じゃないよ。 より詳細に作られていた方が、意図の食い違いがないってことを言いたんだ。

11, 海外の反応

↑とりあえず、君から熱烈な京アニ愛が伝わってきたよ。 京アニへのハードコアなファンが増えそうだ。
12, 海外の反応 驚いたのが、アニメーターはたちはこんな一枚の絵コンテから作品を描き続けているってことだな。 単純にすごいと思う。

13, 海外の反応

君の言う、「作画が一貫している」っというのは、「どの作品も同じに見える」ってことなら納得だな。 京アニも素晴らしいけど、正直、もっと良い会社はいくらでもあるのでは?

 


14, 海外の反応

↑それには同意しかねるな。 京アニ作品を見れば違いがわかるだろ。 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は「ユーフォニアム」や「 Free」と似ているけど、「ハルヒ」や「Clannad」とが明らかに違うだろ? 時代とともに、変わってきたんだよ。 どの作品の絵も同じだ、って意見はどうかと思うな。

 


15, 海外の反応

興味深いね。 でも、より精密な絵コンテを描く人 = 優秀、って決めるけるのはどうかな? 確かに、正確な絵コンテは解釈の齟齬が少なく済みそうだけど、それができない人が絵コンテ職人として劣っているとは言えないだろう。